資源ゴミをリサイクルして何に再利用?

回収された資源ゴミはその後何になる?

>

資源ゴミをリサイクル

主に回収される資源ゴミ

どのような資源ゴミが回収されているでしょう。
段ボール・新聞・雑誌・コピー用紙などの紙類、牛乳パックにペットボトル、発泡スチロール、ガラスビン、スチール缶・アルミ缶、生ゴミ、家電製品など多種類にわたります。
段ボールや新聞などの紙類などは地域の資源回収日に出すことでも回収されます。
その他、各地域ごとのゴミの持ち込み施設や資源化センターなどに持ち込むことも可能です。
スーパーなどに買い物に行くと牛乳パックやペットボトル、プラスチック容器などの回収BOXも設置されているので、気軽に利用することが可能です、これらは積極的に活用したいものですね。
決められたゴミ収集日に決められた種類を出すことで資源ゴミは回収され、再生利用へとつながります。

リサイクル率をあげる

資源ゴミの回収方法は、各自治体ごとに決められたルールは異なりますが、リサイクル率をあげることが資源ゴミの再生利用に必要なことです。
再生可能な資源がうまく循環し、回収されてこないことにはリサイクル率をあげることはできません。
地球上で問題となっている、廃プラスチックの削減には使用量を減らすことも重要ですが、リサイクルも大きく貢献しています。
リサイクル率をあげることは、廃プラスチックの削減というだけでなく、新たな問題である「海洋プラスチック問題」にも深くかかわってきます。
リサイクル率は年々上昇してきていますが、現在のプラスチックリサイクルの手法は、サーマルリサイクル(焼却の際に発生する熱エネルギーを回収、利用する)ことが多くなっています。


この記事をシェアする