資源ゴミをリサイクルして何に再利用?

回収された資源ゴミはその後何になる?

資源ゴミをリサイクル

一口に資源ゴミと言っても、いったいどういったものが当てはまるのでしょう? 身近なところでは、古紙回収やビン、缶、ペットボトルなどのプラスチック製品の回収などが思い浮かぶのではないでしょうか? 再生可能な資源は全て、資源ゴミです。 きちんと分別してリサイクル率をあげましょう。

回収される資源ゴミ

限りある天然資源を有効に活用するために、資源ゴミをリサイクルすることが日々当たり前になっています。
リサイクルという言葉もすっかり定着し、小さな子どもたちでも「リサイクル」という言葉を日常的に扱い、また耳にします。
すっかり私たちの生活の一部となっていますね。
リサイクルするということは、どんなことかなんとなくわかってはいるけれど、実際にはどんな風にどんなものが再生利用されているのかまでは、まだまだ知られていないことも多いのではないでしょうか?
では資源ゴミとはいったいどういったものなのでしょう?そもそもゴミとは?一般的にゴミとは、不用になったものを指します。
私たちが便利に使用していた身のまわりのものたちも、使えなくなったり、いらなくなった時に役割を終えゴミとなるのです。
汚れたり壊れたりしたもの、使わなくなったり、役割を終えたものなどが当てはまります。
資源ゴミとはその中でも再資源化が可能なゴミの総称で、主に紙や段ボール、缶やビン、ペットボトルなどのプラスチック、金属などがあります。
ゴミが増え続けるとゴミを処分する場所が必要となり、自然が失われることにもつながります。天然資源も永遠に続くものではありません。
限りのある天然資源を無駄に使うことのないように、私たちにできることを考えて、まずは目の前の生活の中でゴミを減らすこと、再生利用できるものを有効に使っていくためにリサイクルすることはとても大事なことですね。

リサイクルの流れ

回収された資源ゴミはいったいどのような方法をたどって新しく生まれ変わるのでしょう? リサイクルの仕組みを知ると、資源ゴミを分別することの大切さがわかります。 私たち一人一人ができる一番身近で簡単なことは、ゴミを増やさないことと、できてしまったゴミをきちんと分別することです。

こんな再生利用

資源ゴミはいったいどんなものに再生利用されているのでしょう? 回収された紙はまた紙へ、ビンはビンやその他道路に使用する砂などの材料に、ペットボトルは卵のパックやシート、化学繊維などに生まれ変わります。 家電製品にも様々な資源が使用されているので、使用できる原料の形にされて、新たな製品に生まれ変わります。